東北大学大学院経済学研究科・会計大学院  木村研究室
Accounting Research Lab
MENU


HOME
WHAT's NEW
PROFILE
RESEARCH
TEACHING
LINK
TIPS
CONTACT



東北大学大学院経済学研究科
東北大学会計大学院

東北大学TOP



(C)All rights reserved by F.Kimura

研究テーマ

主たる研究テーマ
  日本企業における経営者の会計行動の解明

その他の関心テーマ
  非会計情報の価値関連性,企業の投資決定と会計行動,経営者の会計行動の推定方法
  産業構造と会計情報の有用性,利益の質の概念

業績一覧 (共著者等のご所属は公表・実施当時のものです)

学位論文
 修士論文 『経営者の所有割合と会計行動』
        大阪大学大学院経済学研究科提出(1997年1月)
 課程博士論文『企業のガバナンス構造と経営者の会計行動についての研究』
        大阪大学大学院経済学研究科提出(2003年2月)

著書(分担執筆)
  『会計操作-その実態と識別法、株価への影響-』
      須田一幸/山本達司/乙政正太  編著
      (第5章  企業の資金調達と会計操作  担当:共著)ダイヤモンド社 2007年

論文(査読付き)
  「経営者の近視眼的投資行動と企業のガバナンス構造−研究開発投資水準の決定をめぐって」
          日本管理会計学会『管理会計学』第11巻第1号(2003年)43-56頁.
  「業種分類の信頼性比較−日経業種分類,東証業種分類,およびGICS業種分類の比較分析−」
          ディスクロージャー研究学会『現代ディスクロージャー研究』No.9(2009年)33-42頁.
  「事業内容と利益マネジメント―利益マネジメントの業種間比較を通じて―」
          日本管理会計学会『管理会計学』第23巻第1号(2015年)21-42頁
 “Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection.”
         Journal of contemporary accounting and economics
         Vol. 11, Issue 3, pp. 183-198 (December 2015).
         (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
  「連結子会社の利益の調整を通じた連結上の利益に対する利益マネジメント」
          ディスクロージャー研究学会『現代ディスクロージャー研究』No.16(2017年)25-46.
  "A cross-country Study on the Relationship between Financial Development and Earnings
    Management,"(with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi),
    Journal of International Financial Management and Accounting,
     Vo. 29, Issue2  pp. 166-194.
     
https://doi.org/10.1111/jifm.12078
  「日本版不動産投資信託における利益マネジメント―減価償却費の調整に注目して―」
         日本管理会計学会『管理会計学』第28巻第1号(2020年)97-115頁

論文(依頼原稿)
  「管理会計研究における実証研究の特徴と課題―アーカイバルデータを用いた実証研究に焦点を当てて―」
          日本管理会計学会『管理会計学』第21巻第1号(2013年)21-32頁.
  「倒産企業の資金調達と会計操作」
      ディスクロージャー研究学会『現代ディスクロージャー研究』第13号49-63頁(2013年5月).
      (大阪大学 山本達司氏との共著)

論文(紀要,査読無し,その他)
  「企業の所有構造と経営者の会計行動」
         『大阪大学経済学』第48巻1号(1998年8月) &nbsp88-105頁 .
  「利益の質とその影響要因」
         『大阪大学経済学』第48巻3.4号合併号(1999年3月) &nbsp356-372頁
  「日本企業におけるファンダメンタル・シグナルの分析-Lev and Thiagarajan (1993) に依拠して-」
        『大阪大学経済学』第49巻1号  (1999年9月) &nbsp143-161頁.
  「契約論ベースの会計研究の分析フレームワーク」
        『名古屋商科大学総合経営・経営情報論集』第47巻2号  (2003年2月) 109-123頁.
  「利益数値制御の推定方法に関する一考察」  
        『會計』第164巻3号(2003年9月)37−52頁.
  「倒産企業と会計操作−資金調達との関係」  名古屋大学山本達司氏・香川大学  辻川尚起氏との共著
        『會計』第166巻1号(2004年7月) 112-126頁  .
  「財務データの特性と統計分析上の留意点」大阪市立大学  浅野信博氏との共著
        『オイコノミカ』第42巻  第1号  (2005年9月)133-152頁.
  「ガバナンス構造と利益の質」
        『証券アナリストジャーナル』第44巻  第5号  (2006年5月)30-41頁.
  「小規模医療機関の経営の現状と課題―名古屋市における実態調査を通じて―」
      名古屋市立大学研究員  黒宮正幸氏との共著
        『オイコノミカ』第44巻  第1号  (2007年9月)27-46頁.
   書評「首藤昭信著『日本企業の利益調整  理論と実証』」 
        『産業経理』第70巻3号(2010年9月)104-105頁.
  「日本企業の利益マネジメントの傾向分析―国際比較の観点から―」
       『産業経理』第73巻3号109-1245頁(2013年11月)
   (神戸大学 榎本正博氏,東北学院大学 山口朋泰氏との共著)
   書評「町田祥弘著『監査の品質―日本の現状と新たな規制―』・町田祥弘編著『監査品質の指標(AQI) 』」
        『証券アナリストジャーナル』第56巻9号(2018年9月)68-70頁.

ディスカッション・ペーパー
  「経営者の裁量的会計行動に対する影響要因」
      Discussion Papers in Economics, No. 393, The Society Economics of Nagoya City University (2004).
  「業種分類が会計研究に及ぼす影響」
     Discussion Papers in Economics, No. 475, The Society Economics of Nagoya City University (2007).
   "Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection."
        (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
       RIEB Discussion Paper Series No.2012-13.
       Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=2066797
  「日本企業の利益マネジメントの傾向分析 ― 国際比較の観点から ― 」
      Discussion Paper No.111 TOHOKU MANAGEMENT & ACCOUNTING RESEARCH GROUP (2013).
    (神戸大学 榎本正博氏,東北学院大学 山口朋泰氏との共著)
  「利益マネジメントの業種間比較」
      Discussion Paper No.108 TOHOKU MANAGEMENT & ACCOUNTING RESEARCH GROUP (2013).
  "A cross-country study on the relationship between financial development and earnings management."
      (November, 2013) (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
      Available at SSRN: http://ssrn.com/abstract=2357275
 「連結子会社における利益マネジメント」
     Discussion Paper No.120 TOHOKU MANAGEMENT & ACCOUNTING RESEARCH GROUP (2015).
 「日本版不動産投資信託における配当ベースの利益マネジメント
     Discussion Paper No.133 TOHOKU MANAGEMENT & ACCOUNTING RESEARCH GROUP (2018年6月).


報告書(主に地域貢献的なもの)
  「外資系企業と国内企業の地域別・財務分析」
    『東海地域における対日直接投資−「企業活動基本調査」の個表分析−』(2006年10月).
        第3章(31-40頁),名古屋市立大学吉田和生氏との共著
    『名古屋市における診療所経営の実態調査−調査報告書−』(2007年3月).
        名古屋市立大学博士前期課程院生(当時)黒宮正幸氏との共著
(Discussion Papers in Economics, No. 461, The Society Economics of Nagoya City University として公表)

学会報告(口頭発表)(*  学会等が主催のもの.小規模な研究会等での報告は除く)
「日本企業のガバナンス構造と研究開発投資」
          日本管理会計学会学会2000年度第2回管理会計フォーラム(2000年7月17日,於  大阪大学)
「利益数値制御の推定方法に関する一考察」
          日本会計研究学会第59回 大会  自由論題報告(2000年9月21日  於  明治大学)
「倒産企業と会計操作−資金調達との関係」(名古屋大学 山本達司氏・香川大学 辻川尚起氏との共同研究)
          日本会計研究学会第62回大会  自由論題報告(共通テーマ  企業倒産と会計)
                 (2003年9月12日  於  近畿大学 )
「経営者の裁量的会計行動の影響要因」
          日本会計研究学会第62回大会 自由論題報告(2003年9月11日 於 近畿大学)
「利益の質と企業のガバナンス構造」
          日本会計研究学会第63回 大会  自由論題報告(2004年9月10日  於  中央大学)
「産業構造の変化と会計情報の価値関連性」
          日本管理会計学会学会 2006年度全国大会  自由論題報告(2006年9月2日  於  京都大学)
「業種分類が会計研究に及ぼす影響」
          ディスクロージャー研究学 会第9回研究大会  自由論題報告(2007年11月17日  於  大阪市立大学)
「日本企業における利益調整の手法とその変化」
          日本会計研究学会第69回 大会  自由論題報告(2010年9月10日  於  東洋大学)
"Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection"           Asian Academic Accounting Association: The 13th Annual Conference,
           Kyoto Univ. 10,Nov. 2012
            (with Masahiro Enomoto, Tomoyasu Yamaguchi)
「利益マネジメントの業種間比較」
        日本管理会計学会2013年度第1回フォーラム(2013年4月13日,南山大学)
"Accrual-Based and Real Earnings Management: An International Comparison for Investor Protection "
       6TH INTERNATIONAL WORKSHOP ON ACCOUNTING & REGULATION 2013年7月5日
      (University of Siena, Italy)(with Masahiro Enomoto, Tomoyasu Yamaguchi)
「日本企業の利益マネジメントの傾向分析―国際比較の観点から―」
      日本会計研究学会第72回大会 自由論題報告(中部大学,2013年9月5日)
   (with Masahiro Enomoto, Tomoyasu Yamaguchi)
"A cross-country study on the relationship between financial development and earnings management."
       2014 International Conference on Accounting and Information Technology
       (21-22 February, 2014, National Chung Cheng University, Chiayi, Taiwan)
       (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
"A cross-country study on the relationship between financial development and earnings management."
       37th EAA Annual Congress
       (TALLIN, ESTONIA - MAY 21-23, 2014)
       (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
"A cross-country study on the relationship between financial development and earnings management."
       Journal of International Accounting Research Conference 2014
       (June 7, 2014, The Hong Kong Polytechnic University, in Hong Kong)
       (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
"A cross-country study on the relationship between financial development and earnings management."
       Tokyo accounting Workshop
       (November 7, 2015, Tokyo Univ.)
       (with Masahiro Enomoto and Tomoyasu Yamaguchi)
「連結子会社における利益マネジメント」
        日本ディスクロージャー研究学会第12回研究大会 自由論題の部(2015年12月20日,早稲田大学)
「日本版不動産投資信託における配当ベースの利益マネジメント」
    日本ディスクロージャー研究学会第4回JARDISワークショップ(2018年8月20日,小樽商科大学)
「日本版不動産投資信託における配当ベースの利益マネジメント」
    日本会計研究学会第77回大会 自由論題報告(2018年9月6日,神奈川大学)

ディスカタント・コメント・招待講演
  Commentary on Chen and Yuan (2002)
      "Earnings Management and Capital Resource allocation:
         Evidence from China's Accounting-Based Regulation of Rights Issues,"
        The 2nd International Workshop on Accounting Accruals, Nagoya City University, 14 December 2002
「財務データの特性と統計分析上の留意点」(招待講演)
      (追手門学院大学  浅野信博氏との共同報告)
         2004年度統計学会連合大会企画セッション(統計学と会計学)(2004年9月7日 於 富士大学)
「会計的裁量行動、実体的裁量行動と内部統制報告制度の分析」中島真澄(2009)に対するコメント
          第3回 2009年現代ディスクロージャー研究カンファレンス(2009年5月30日 於 名古屋国際センター)
「管理会計研究における実証研究の特徴と課題―アーカイバルデータを用いた実証研究に焦点を当てて―」
       日本管理会計学会2012年度 年次全国大会 統一論題「管理会計研究と方法論」
    (2012年8月25日,26日  於  国士舘大学)
  Commentary on Diantimala and Baridwan (2012)
      "Could Indonesian SFAS 50 and 55 (Revised 2006) Reduce
       Earnings Management of Commercial Banks in Indonesia?
             The 3rd International Conference of THE JAPANESE ACCOUNTING REVIEW in Kyoto
  Discussant on Hwang et al. (2014)
      "How Does Earnings Management Affect Innovation Strategies of Firms? "
        Journal of International Accounting Research Conference 2014
         (June 7, 2014, The Hong Kong Polytechnic University, in Hong Kong)
  「データで見る日本の上場企業−規模、業績、成長性」(招待講演)
      名古屋市立大学大学院経済学研究科 附属経済研究所 第18回 公開シンポジウム
       2013年11月8日(金)13:30〜16:00 於 名古屋市立大学滝子キャンパス
        (テーマ「データで見る経済と経営」)

学会での司会(2013年以降)
 2013年 5月12日 日本ディスクロージャー研究学会第7回研究大会 自由論題の部 2報告
 2013年 9月 6日 日本会計研究学会第72回全国大会 自由論題の部 2報告
 2013年 9月15日 日本管理研究学会2013年度全国大会 自由論題の部 2報告
 2014年 2月21日  2014 International Conference on Accounting and Information Technology
  (Parallel Session 4 rports)
 2014年 9月13日 日本管理研究学会2014年度全国大会 自由論題の部 2報告
 2014年12月20日 日本ディスクロージャー研究学会第10回研究大会 自由論題の部 4報告
 2015年 8月29日 日本管理研究学会2015年度全国大会 自由論題の部 2報告
 2015年 9月 7日 日本会計研究学会第74回全国大会 自由論題の部 2報告
 2017年12月17日 日本ディスクロージャー研究学会第16回研究大会 自由論題の部 2報告
 2018年 3月 2日 日本ディスクロージャー研究学会第3回JARDIS ワークショップ 1報告
 2018年 5月19日 日本ディスクロージャー研究学会第17回研究大会 1報告
 2018年 8月21日 日本ディスクロージャー研究学会第4回JARDIS ワークショップ 1報告
 2018年10月13日 日本ディスクロージャー研究学会第18回研究大会 1報告
  2020年 7月25日 日本経済会計学会(AEAJ)第37回年次大会(オンライン)  1報告

研究助成
  科学研究費補助金(文部科学省および日本学術振興会)
     2018-2020年 [基盤研究C:課題番号 18K01906]共同・研究代表者
        研究課題名「外国人投資家が会計情報の質に及ぼす影響に関する研究」
     2015-2017年 [基盤研究C:課題番号 15K036763]共同・研究代表者
        研究課題名「利益マネジメントに関する国際比較研究」
     2011-2014年 [若手研究B:課題番号 23730427]単独・研究代表者
        研究課題名「日本におけるコーポレートガバナンスの変化と経営者の会計行動に関する研究」
     2009-2010年 [若手研究B:課題番号 21730359]単独・研究代表者
        研究課題名「実証的会計研究において用いられるデータおよび分析モデルに関する基礎的研究」
     2007年-2009年 [基盤研究B:課題番号]  分担(研究代表者  高尾裕二大阪大学大学院教授)
        研究課題名「ディスクロージャーの最適水準とその経済的影響の探求」
     2007-2008年 [若手研究B:課題番号 19730306]単独・研究代表者
        研究課題名「企業のガバナンス構造の変化が財務会計に及ぼす影響に関する理論的・実証的研究」
     2004-2006年 [若手研究B:課題番号 16730238]単独・研究代表者
        研究課題名「産業構造の変化が会計測定および報告に及ぼす影響に関する考察」
     2002-2003年 [若手研究B:課題番号 14730131]単独・研究代表者
        研究課題名「企業評価のあり方が企業内部の業績評価・意思決定に及ぼす影響についての考察」
     2002年 [基盤C(企画):課題番号14603003]  分担(研究代表者  須田一幸神戸大学経済経営研究所教授)
        研究課題名「粉飾決算の実証研究に係わる企画調査」

  その他 民間からの助成
   一般社団法人 信託協会 平成29年度 信託研究奨励金(研究代表者,単独)
   「日本版不動産投資信託における利益操作の研究」
     (平成30年1月〜平成31年12月)
    公益財団法人 日本証券奨学財団研究調査助成 研究分担者(代表者 榎本正博,共同 3名)
      「投資家保護の環境が経営者の利益操作に与える影響に関する国際比較研究」
      (平成24年10月〜平成25年9月)
    公益財団法人 石井記念証券研究振興財団 研究助成 研究代表者(共同 3名)
      「金融発展と利益の質に関する国際比較研究」
      (平成25年8月〜平成26年12月)

  その他 大学・学会からの助成
    日本管理会計学会  2014年度 第2回 国際学会参加費 助成(2014年)
   「Journal of International Accounting Research Conference 2014への渡航費」
    名古屋市立大学  特別研究奨励費(2006年)
      研究課題名「診療所経営の現状と課題−名古屋市内における診療所の実態調査を通じて」
    名古屋市立大学  特別研究奨励費(2004年)
      研究課題名「企業のガバナンス構造と利益の質に関する実証分析」
  
Fumihiko Kimura, Professor of Accounting, Graduate School of Economics and Management, Tohoku University
* Template design by Nikukyu-Punch *