東北大学
現代経済学研究会
この研究会について:
 2006年度より、東北大学に在籍する経済学研究者有志が集まって定期的に研究会を開催することになりました。本研究会では国際的学術雑誌への投稿を精力的に行っている第一線の研究者に研究発表をお願いしています。参加資格は特に設けませんので、報告論題に関心のある方は奮ってご参加ください。学内の方はもちろん、学外の方もご参加いただけます。

 開催予定はあくまで暫定であり、日時が変更されたりキャンセルされる場合があります。ご注意ください。

アクセス情報:
  注: 研究会は、当面の間、オンラインで開催されます。詳細は、セミナー幹事にお問い合わせください。

 第401演習室は、経済学部研究棟ではなく、文科系総合研究棟(教育学研究科が入居している建物)の4階にあるのでご注意ください。
 経済学研究科へのアクセスと川内キャンパス内の建物の配置についてはこの地図をご参照ください(地図中のC16が経済学部研究棟、C14が文科系総合研究棟です)。

共催情報:
 今年度の研究会は全てサービス・データ科学研究センターワークショップとの共催です。
 サービス・データ科学研究センターについてはこのサイトをご参照ください。

セミナー幹事: 小寺寛彰
tomoaki.kotera.b1@tohoku.ac.jp

2020年10月29日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語: 日本語                  

松岡多利思 氏 (東京都立大学)

Title: Asset Prices and Discount Window Policy in a Monetary Economy

Abstract: This paper develops a banking model in which the central bank opens discount window and sets the interest rate on reserves in order to study the standing facilities affect the frequency of liquidity crises, a bank 's portfolio, and asset prices. I show that an increase in the discount window loan rate and the interest rate on reserves decreases the prices of assets that are used as collateral and change the liquidity structure of the asset's yields. I also show that the existence of the discount window may have a destabilizing effect on the asset prices.


2020年11月5日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語

橋本賢一 氏 (神戸大学)

Title: Structural Unemployment, Underemployment, and Secular Stagnation (abstract)

We introduce a preference for wealth into the standard search and matching model to analyze the labor market when there is persistent demand shortage. We show that, under some conditions, a secular stagnation steady state exists in which the economy permanently operates below capacity due to both structural unemployment and underemployment. The latter is a direct consequence of the lack of aggregate demand. Our findings are as follows. In the absence of demand shortage, the preference for wealth creates a new transmission channel for shocks and policy measures due to induced changes in the real interest rate, in addition to the job creation channel of the standard matching model. Turning to the stagnation equilibrium, the effects of demand and supply shocks are opposite to those of the standard case and result in a co-movement of unemployment and underemployment. In contrast, the effects of wage and cost shocks depend on the degree of aggregate demand shortage, but they can explain movements of unemployment and underemployment in opposite directions. Finally, we show that fluctuations in the total employment gap under stagnation are primarily driven by fluctuations in underemployment instead of structural unemployment. Our analysis helps to understand why the unemployment rate in Japan has been surprisingly low during its lost decades and highlights the need for further policy interventions in support of aggregate demand despite a seemingly decent employment record.


2020年12月3日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語

堀井亮 氏 (大阪大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年12月17日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語

宮川大介 氏 (一橋大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年12月24日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語

鈴木慶春 氏 (千葉大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2021年2月18日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語/English

土居直史 氏 (小樽商科大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2021年3月11日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語/English

山崎潤一 氏 (神戸大学)

Title: TBA (abstract)

TBA



これまでの研究会:



2020年度  2019年度  2018年度  2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度   2012年度   2011年度   2010年度   2009年度   2008年度   2007年度   2006年度