東北大学
現代経済学研究会
この研究会について:
 2006年度より、東北大学に在籍する経済学研究者有志が集まって定期的に研究会を開催することになりました。本研究会では国際的学術雑誌への投稿を精力的に行っている第一線の研究者に研究発表をお願いしています。参加資格は特に設けませんので、報告論題に関心のある方は奮ってご参加ください。学内の方はもちろん、学外の方もご参加いただけます。

 開催予定はあくまで暫定であり、日時が変更されたりキャンセルされる場合があります。ご注意ください。

アクセス情報:
 第401演習室は、経済学部研究棟ではなく、文科系総合研究棟(教育学研究科が入居している建物)の4階にあるのでご注意ください。
 経済学研究科へのアクセスと川内キャンパス内の建物の配置についてはこの地図をご参照ください(地図中のC16が経済学部研究棟、C14が文科系総合研究棟です)。

共催情報:
 今年度の研究会は全てサービス・データ科学研究センターワークショップとの共催です。
 サービス・データ科学研究センターについてはこのサイトをご参照ください。









セミナー幹事: 岡地迪尚
michinao.okachi.e5@tohoku.ac.jp

2019年10月17日(木) 16:50-18:20 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
いつもより30分遅れで始まります。お気を付けください。
言語:日本語                  

西村 仁憲 氏 (千葉工業大学)

Title: Who Has Benefited from Expansion of Nursing Care Homes?: Exploitation of Government Intervention on the Supply Side of Elderly Care Market

This study analyzes the effect of informal elderly care on caregiver labor supply. The Japanese government intervenes on the supply side of the elderly care market and the government regulates market entry of nursing home suppliers in Japan. This analysis utilizes exogenous variations from the supply side of government intervention on the elderly care market. According to our results, the Japanese policy expanding nursing care homes reduces informal care provision by female workers with low opportunity cost. As a result, our result suggests that the expansion of nursing care homes in Japan increases labor supply of female workers with low opportunity cost. We also discuss the Japanese government expense for providing nursing care service. The expense per capita of operating nursing care homes is higher than wage income of high ratio of non-regular female workers. The expense of operating nursing care homes is higher than providing in-home service per capita. It is possible that the Japanese policy expanding nursing care homes has already arrived at the point where it should be reconsidered. The policy has put pressure on the Japanese budget.




2019年10月31日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

小寺 寛彰 氏 (日本銀行)

Title: Old Workers and Sustainability of Social Security in Population Aging (abstract)

Sustainability of the Social Security system under population aging is currently under debate. Contemporaneously, the elderly workers are expected to rise. This paper studies the quantitative role of old workers in the aging economy. I construct a general equilibrium of overlapping generation model with heterogeneous agents. The distinctive feature of my model is to incorporate health mapped into survival probability, medical expenditures, and individuals' preferences. The baseline model describes the United States of 2010 and then simulate the aging economy (Year 2050). In the aging economy, population growth rate falls and health condition becomes better arising from higher survival probability. The main findings are threefold. Firstly, the number of old workers would be 1.72 times as large as the baseline economy. Yet, the government would have to impose a tax to sustain Social Security. Secondly, if old workers are absent from the labor market, the tax would be levied more heavily. Lastly, raising the normal retirement age would minimize the fiscal cost significantly if the elderlies are allowed to work, which would lead to the welfare gain. However, this importance of old workers would not stand out if better health condition is ignored.


2019年11月21日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

長田 健 氏 (埼玉大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2019年11月28日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

井深 陽子 氏 (慶應義塾大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2019年12月5日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: English

Rong FU (富 蓉) 氏 (早稲田大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年1月23日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

久保田 荘 氏 (一橋大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年1月30日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: English

高橋 悠太 氏 (一橋大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年2月20日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: 日本語

若林 緑 氏 (東北大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年3月5日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

山崎 潤一 氏 (神戸大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年3月26日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: English

Cody Yu-Ling Hsiao 氏 (Macau University of Science and Technology)

Title: TBA (abstract)

TBA



これまでの研究会:



2019年度  2018年度  2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度   2012年度   2011年度   2010年度   2009年度   2008年度   2007年度   2006年度