東北大学
現代経済学研究会
この研究会について:
 2006年度より、東北大学に在籍する経済学研究者有志が集まって定期的に研究会を開催することになりました。本研究会では国際的学術雑誌への投稿を精力的に行っている第一線の研究者に研究発表をお願いしています。参加資格は特に設けませんので、報告論題に関心のある方は奮ってご参加ください。学内の方はもちろん、学外の方もご参加いただけます。

 開催予定はあくまで暫定であり、日時が変更されたりキャンセルされる場合があります。ご注意ください。

アクセス情報:
 第401演習室は、経済学部研究棟ではなく、文科系総合研究棟(教育学研究科が入居している建物)の4階にあるのでご注意ください。
 経済学研究科へのアクセスと川内キャンパス内の建物の配置についてはこの地図をご参照ください(地図中のC16が経済学部研究棟、C14が文科系総合研究棟です)。

共催情報:
 今年度の研究会は全てサービス・データ科学研究センターワークショップとの共催です。
 サービス・データ科学研究センターについてはこのサイトをご参照ください。









セミナー幹事: 岡地迪尚
michinao.okachi.e5@tohoku.ac.jp

2020年1月23日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語: 日本語                  

久保田 荘 氏 (早稲田大学)

Title: The U.S. Child-Care Crisis: Facts, Causes, and Policies

Abstract: Why does the U.S. lack affordable child-care? This research analyzes the long-term trend of the U.S. child-care market from both empirical and theoretical perspectives. I first document new facts that the child-care costs have sharply risen since the mid-1990s from the Survey of Income and Program Participation. However, contradiction all, there has been a massive expansion of the means-tested child-care subsidies, which would have lower the prices. I provide evidence that these programs are the primary source of rising costs. The subsidies unintentionally crowded out home-based child-care suppliers who are also low-income working mothers and eligible for the grants. A simple calibrated equilibrium model captures the data well and suggests alternative policy schemes.




2020年1月30日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: English

高橋 悠太 氏 (一橋大学)

Title: Nominal Wage Rigidity: Theory and Evidence from Japanese Economy during and after WWI (abstract)

This paper examines a downward nominal wage rigidity of the Japanese economy during and after WWI. Japan had experienced a boom during the WWI and successive bust after WWI. The CPI increased by 250% during WWI and successively decreased by 15 % in 5 years. Nominal wages did increase during the WWI, but do not fall after WWI. We develop an imperfect competition model in which firms aggressively offer higher wages during a boom, but are reluctant to cut their wages during a recession. Using detailed data from the Japanese cotton industry and historical contexts, we argue that conventional explanations for downward nominal rigidity (e.g., technology improvement, morale hazard, a labor union) cannot explain one observed in Japanese cotton spinning industry.


2020年2月20日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語: 日本語

若林 緑 氏 (東北大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年3月5日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

山崎 潤一 氏 (神戸大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年3月19日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

松田 一茂 氏 (一橋大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年3月26日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
Language: English

Cody Yu-Ling Hsiao 氏 (Macau University of Science and Technology)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年4月16日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

釜賀 浩平 氏 (上智大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年4月23日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

樋口 裕城 氏 (名古屋市立大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年6月18日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

橋本 賢一 氏 (神戸大学)

Title: TBA (abstract)

TBA


2020年6月25日(木) 16:20-17:50 第401演習室(文科系総合研究棟4階)
言語:日本語

松岡多利思 氏 (首都大学東京)

Title: TBA (abstract)

TBA



これまでの研究会:



2019年度  2018年度  2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度   2012年度   2011年度   2010年度   2009年度   2008年度   2007年度   2006年度