東北大学
現代経済学研究会
この研究会について:
 2006年度より、東北大学に在籍する経済学研究者有志が集まって定期的に研究会を開催することになりました。本研究会では国際的学術雑誌への投稿を精力的に行っている第一線の研究者に研究発表をお願いしています。参加資格は特に設けませんので、報告論題に関心のある方は奮ってご参加ください。学内の方はもちろん、学外の方もご参加いただけます。

 開催予定はあくまで暫定であり、日時が変更されたりキャンセルされる場合があります。ご注意ください。

アクセス情報:
  注: 研究会は、当面の間、オンラインで開催されます(2021年度の開催形式は、一部を除き、未定です)。詳細は、セミナー幹事にお問い合わせください。

 第401演習室は、経済学部研究棟ではなく、文科系総合研究棟(教育学研究科が入居している建物)の4階にあるのでご注意ください。
 経済学研究科へのアクセスと川内キャンパス内の建物の配置についてはこの地図をご参照ください(地図中のC16が経済学部研究棟、C14が文科系総合研究棟です)。

他研究会のリンク:
サービス・データ科学研究センターワークショップ

セミナー幹事: 小寺寛彰
tomoaki.kotera.b1@tohoku.ac.jp

2021年4月22日(木) 16:20-17:50  オンライン
言語: 日本語                  

石井利江子 氏 (滋賀大学)

Title: Transnational machine learning with screens for flagging bid-rigging cartels (joint with Martin Huber and David Imhof)

Abstract:We investigate the transnational transferability of statistical screening methods originally developed using Swiss data for detecting bid-rigging cartels in Japan. We find that combining screens for the distribution of bids in tenders with machine learning to classify collusive vs. competitive tenders entails a correct classification rate of 88% to 93% when training and testing the method based on Japanese data from the so-called Okinawa bid-rigging cartel. As in Switzerland, bid-rigging in Okinawa reduced the variance and increased the asymmetry in the distribution of bids. When pooling the data from both countries for training and testing the classification models, we still obtain correct classification rates of 82% to 88%. However, when training the models in data from one country to test their performance in the data from the other country, rates go down substantially, due to some screens for competitive Japanese tenders being similar to those for collusive Swiss tenders. Our results thus suggest that a country’s institutional context matters for the distribution of bids, such that a country-specific training of classification models is to be preferred over applying trained models across borders, even though some screens turn out to be more stable across countries than others.


2021年5月6日(木) 16:20-17:50 オンライン
言語:日本語

松田一茂 氏 (神戸大学)

Title:Fundamental Research and the Market for Higher Education (joint with Titan Alon and Damien Capelle) (abstract)

Research is an important factor of economic growth. Colleges operate in different ways from monopolistic firms pursuing profit. We document facts on the characteristics of college and research output and build a heterogeneous-agent model with the higher education market in which colleges do research. We found that need-based subsidies aimed at reducing inequality across students increases college research and leads to economic growth. We also found that meritocratic research subsidies unexpectedly reduce the incentive for colleges to do research.


2021年5月20日(木) 16:20-17:50 TBD
言語:日本語/English

北村周平 氏 (大阪大学)

Title:TBA (abstract)

TBA


2021年6月10日(木) 16:20-17:50 TBD
言語:日本語/English

仲田泰祐 氏 (東京大学)

Title:TBA (abstract)

TBA


2021年6月17日(木) 16:20-17:50 TBD
言語:日本語/English

中澤信彦 氏 (一橋大学)

Title:TBA (abstract)

TBA


2021年6月24日(木) 16:20-17:50 TBD
言語:日本語/English

笹原彰 氏 (慶應義塾大学)

Title:TBA (abstract)

TBA


2021年7月1日(木) 16:20-17:50 TBD
言語:日本語/English

及川浩希 氏 (早稲田大学)

Title:TBA (abstract)

TBA


2021年7月29日(木)  14:45-16:15 オンライン
言語:日本語/English

鈴木通雄 氏 (内閣府, 東北大学)

Title:TBA (abstract)

TBA



これまでの研究会:



2020年度  2019年度  2018年度  2017年度  2016年度  2015年度  2014年度  2013年度   2012年度   2011年度   2010年度   2009年度   2008年度   2007年度   2006年度